高津加log

140字以上のメモ📝

読書感想文「未必のマクベス」

 この日曜日で一気に読んだので、まだ物語の余韻にじっとりと浸かっているうちにこの文章を書いている。

 

 以下、ちょっとした自分語りを含みながらの所感となる。

 私は、短くもないが長くもない社会人経験の中で、日本国内の仕事、海外を相手にした仕事、そして経営企画に相当する仕事をこなしてきた。世の中的に言えば出世街道かもしれないが、基本的に出世欲はなく、できれば社内ニートでありたいと思っていた。小説の主人公と同じような経歴を持っているが、私はもっと小市民的で、仕事に対して受動的で消極的だった。
 東南アジア界隈にも何度も出張をしていて、面白いことも面倒なことも経験した。いくつかの出逢いもあったし、今も当時の同期はアジアの地で頑張っている。
 それらは全て過去の出来事だが、私がこの本を読む上では丁度よかった。
 「未必のマクベス」の時代設定は、少し昔で、更には昔気質の企業が設定されている。大企業病を端々で感じることのできた時期の終わり。その雰囲気は私にとっても過去、既知の世界の話で、すんなりなじんで読むことができた。
 
 それなりに大きな会社に数年勤めていると、自分がどこへ進むべきか解らない時がある。
 なあなあにとりあえず業務をこなす中で、ふと、昔が美しく輝いていたように思う時でもある。
 この頃一番輝いているように感じてしまうのは――当時の私が聞けば失笑ものだろうが、高校時代だった。

 

 高校生の時の片想い。ああしてればこうなったのかもしれない、という思いはきっと誰にでもあることだろうと思う。
 私にもある。私はその人と未だにSNSでゆるく繋がっていて、その人が誰かと長く交際していたことも、まだ結婚をしていないということも知っている。そんな風に知ってしまっている自分を、ちょっと嫌だと思うこともある。何もアクションを起こしてないのに知る事だけはできる状態というのは、SNSのネガティブな部分かもしれない。
 「未必のマクベス」を読みながら、そんな嫌な思いを抱えたままの自分を受け入れてくれたような気がして、少しだけ楽になった。 

 

 高校のころの記憶なんてどんどん薄れていくから、良かった記憶は美化されるし、嫌だった記憶は風化して、「まあ、悪くなかったんじゃないか」と思える程度のものになる。だから、抱えたままでも良いんじゃないかと思ってしまうのかもしれない。
 実際自分は年をとっていくし、様々な経験をしていく中で、それ以外の「これから」を考えなければならなくなる。
 けれど、ふとしたタイミングで、あの時の続きを手に入れられるのだとしたら。
 今なら私も、中井同様、その道を選んでしまうかもしれないと思った。(勿論現実は、そんなにドラマティックではないけれど)


 ※以下は、ネタバレも含むので畳みます。

続きを読む

9/2 ハルカトミユキ +5th Anniversary SPECIAL

2017/9/2(Sat.)
+5th Anniversary SPECIAL @日比谷野外大音楽堂

 

ハルカトミユキを聴き始めたのはここ数カ月のこと。最新アルバム「溜息の断面図」からで、聴いたらいてもたってもいられずさくっとチケットをとっていた。

天候が心配されていたが、当日の昼前には雨もやみ、久し振りの野音は快適だった。秋迫る季節の野音が大好きだ。

虫の鳴き声が聞こえる空間で、最高のライブが聴けた。

 

初めは明るめなトーンの曲が続き、「インスタントラブ」でハルカさんが手でフリをつけていたことにちょっと驚いたけど、周りにも真似をする人が居なくて純粋な気持ちで浸って聴けた(ファンが勝手にフリをまねることが半強制っぽい現場あるじゃないですか、あれ苦手)。全体的に夏の終わりを感じさせるようなセットリストだったけれど、特に「Sunny, Cloudy」の辺りが最後の夏休みのような楽しさと焦燥感を感じた。

ハルカさんとミユキさん、2人だけでステージに立って歌った曲の中に「絶望ごっこ」が入っていた。3.11の後の心境で作られた曲だと知って、歌の言葉の凄味が増した。当時から東京に暮らす東北出身者として、思わない思いではないからだ。

2人だけのステージに、徐々にサポートメンバーが入って行く演出が良かった。彼女たちが初めて作った曲だという「夏のうた」の後、「宝物」から、最新曲の「手紙」に移って行く。

「手紙」は映画の主題歌になるとのこと。タイアップがつきそうなのにつけにくそうではあるなと思っていたので、映画というのに納得した。ステージの真ん中に椅子とランプシェードの明かりを置いて、座って手紙を読むように歌うハルカさんの歌い方が印象的で、歌詞のメッセージ性は相変わらず強いのだけど、本当に短編小説の中に出てくる手紙を読んでる気持ちになった。

「手紙」の後、「夜明けの月」が演奏される。バックのスクリーンには窓が3つ、夜空に月が欠けながら移動していく絵を見ながら、物凄く泣きたくなった(手紙からヤバかったんだけど)。

その後のMCで、ハルカさんが「5年間、生きててくれてありがとう」という事を言って、あの時の声を思い出すともう一回涙が出そうになる。私はつい最近彼女たちをちゃんと知ったけれど、それでもその言葉が沁みた。特にこの5年間は漠然とした不安を抱えながら色々納得して生きて来てるつもりだったけれど、自分の存在すら知らないような人に「ありがとう」と言われるのは、純粋に嬉しいものだ。

 

後半はぐっと攻撃的になった。「わらべうた」は"かごめ かごめ"のアカペラから、思わずゾッとするようなイントロで始まった。ハルカトミユキの感情の爆発、攻撃性の発露、胸からごそっと心臓をとって見せつけられたような感覚がたまんなかった。

「近眼のゾンビ」は拡声器で歌うし、サイレンを拡声器で大きくして鳴り響かせる。この手の批判的な内容の歌詞が気持ちいいのだけど、歌詞を知らないと拡声器のつぶれた声は聞き取れない。それでいいという演出に高揚した。

「わらべうた」「近眼のゾンビ」、の後に間髪入れず「終わりの始まり」が始まる。スクリーンにはモノクロで映る今のハルカ、そこにPVのように文字が重なる。シンプルにかっこいい。怖くて鬼気迫っててそこがいい。

その後、ライブではおなじみ(らしい)曲で徐々に夏の終わりがフィナーレに向かう。アンコール前の映像演出が良かった。最後の最後の方でアンコールで「種を蒔く人」が聴けたのが嬉しかった。

そしたら種と花、でアコースティックライブとバンド編成ライブのツアーをそれぞれ行うことが発表された。どこかで行ってみたいと思う。

 

彼女たちが主題歌を担当している映画「ゆらり」の映像付きティザー:

youtu.be

 

ライブの後に友人と「歌う理由について」の話をした。色んな理由で歌を作って歌う人達がいるけど、歌いたいから、というプリミティブな理由のものが、聴いてて一番好きだと思った。

ハルカトミユキは、何か胸に鬱屈したものを抱えてたり、一歩間違えたら爆発しちゃいそうな人が聴くとスッとする。そういうタイミングで彼女たちの曲に出会えてよかった。

 

 

読書感想文「横浜駅SF 全国版」

横浜駅SFは、私がカクヨムで唯一全部読んだ小説だ。

元々数年前togetter辺りでまとめられていた工事が終わらない横浜駅の拡張ネタを読んでいたく気に入っていて、カクヨムで連載が始まったことをTwitterで知り読み始めた。

銀河ヒッチハイク・ガイド」が大好きなので、42の使い方にはふふっと笑ったし、青春18きっぷで淡々と旅をする主人公が、今風(と言っていいのか)の程よい精神感覚の持ち主でストレスなく読めた。キャラクターとしてはJR福岡の大隈が好きだった。

 

yokohamaekisf.kadokawa.co.jp

今回はその「全国版」とのことで、前作とは同一世界観で時系列が違う短編がまとめられている。いくつかはカクヨムで読んでいたが、装画の田中達之さんが大好き(リンダキューブ)なので、前作同様書籍版を購入した。(結果、青目先生のキャラデザに感動した。あと熊本編の表紙の絵は大隈でいいの?)

発売日に買って、読み終わったのは夏コミ2日目。サークル参加しながら暇な時間ずっと読んでたら読み終わってしまった。面白かった!

 

で、以下は本編のとりとめない感想。(基本的にネタバレ配慮ゼロなので、気になる人は読まない方がいい)

私は岩手県出身なので、岩手編があったのが嬉しかった。前作の発売時にどこかの店舗特典だった気がするが、わざわざ買い求めていなかったのでまとめてくれてありがたい。

岩手編のサブタイトルが、コードウェイナー・スミスの「Scanners Live in Vain」をもじった「Scanners Live in Your Brain」となっており、ああ、ネップシャマイ達の話かなとアタリをつけた。どの話も既存の名作からのもじりサブタイトルがついてるのだが(ちなみに瀬戸内・京都編がロバート・A・ハインラインの「月は無慈悲な夜の女王」、熊本編がレイ・ブラッドベリの「華氏451度」、群馬編は円城塔の「Self-Reference ENGINE」をそれぞれもじっている)、コードウェイナー・スミスは私のSF好きを加速させた作家だ、岩手との組み合わせがなんだか嬉しかった。

内容は、ネップシャマイたち北海道の工作員の話で、予想は当たった。銀河鉄道ではなくて津波の壁のネタかぁと思ったけど、まぁ横浜駅SFの性質から言って巨大壁がメインになるのは納得だ。

この工作員たちは、作中に登場する人間よりも人間らしいところがあるなと感じることがある。人工知能(と、便宜上呼ぶけど)が育っていくシーンを書こうとすると、普通の人間よりも葛藤というか、行動についての理由付けや、それに対する疑問について字数を裂く必要があるのかもしれない。普通の人間だったら、普通の人間の感情、という記号を利用することができるし。

AIがその能力の高さ故に仕事を放棄してしまう、という点で先述の「銀河ヒッチハイク・ガイド」の鬱ロボット・マーヴィンを思い出した。あれは高すぎる計算能力で自らの行く末に絶望しか感じられないという設定だったが、横浜駅SFのサマユンクルはどうだろう。生存したい、ということだけど。

岩手編には、埋葬のシーンがある。死を悼む人がいる一方で、これは活動停止という死を遠隔操作で与えられる可能性のある工作員達の話だ。そこに何らかの感情を抱いてしまうのが人間だとしたら、サマユンクルやハイクンテレケは何者なのだろうか。

 

あ、熊本編の大隈過去編はうさんくささが前作以上にあって良かったです。熊本編はミイカという女性が主人公で、非常にニュートラルなキャラだなという印象を受けた。こういう主人公は好きだ。

柞刈湯葉さんが書く女性は、基本的には二種類だと思っている。女性の役割語(~よね、とか、~だわ、とか)を話すキャラか、口調で性差を感じることがないキャラか、だ。大抵役割語の存在に辟易している(だって現実的にそういう口調で喋る人そんないない)から、後者のキャラが多いことが横浜駅SFを読み続けられる理由の一つだ。男性に付随しているキャラ(恋人とか、妻とか、ヒロイン的なポジション)は役割語で話し、第一線で活動するキャラにはそれがない、という印象。

熊本編では、主人公は基本的に生真面目な口調で話すので役割語ではない。が、先輩の女性キャラ・黒木は役割語だ。それは、黒木が非常に女性的であることを強調していて、まあそこと彼女が引き起こした事件との因果関係について誰も批判的ではないのだけれど、役割語を使わずに女性性を強調した文章を書くというのは難しいのかもなあと思ったりもした。口調設定は文字だけの小説における重要な個性付けの一つだし、それもあって私は大隈が好きなのだけど、いちいちそういう部分を気にしながら読んでしまう自意識があまり好きじゃない。

 

全国版を読み終わって、一番好きなキャラクターが大隈から青目先生になった。ああいう、清濁併せのんだタイプの頭の良い大人というのが本当に大好きで、長生きしてくれと願うばかりだ。

 

ドラマ「セシルのもくろみ」が面白いという話と、主演の人についての最近のあれこれ

真木よう子が主演のドラマ「セシルのもくろみ」が好きで、今のところ全話視聴している。
元々夜の本気ダンスが主題歌を担当すると聞いて、プロデューサーが彼らの事が好きでオファーしたと言っていたし、キャストとテーマもそれなりに好みだったので見始めた次第だ。
夜ダンの曲はエンディングで、結構長いことかかる。驚いた。主要キャストがカッコ良く踊り、夜ダンの演奏シーンもカットインするエンディングが最高で、2話目が終わった後何度もエンディングシーンだけ繰り返してみた程だ。
ストーリーも、読モのお涙頂戴サクセスストーリーではなく、様々な人生の選択をしてきた女性達が雑誌「VANITY(=虚栄心、自慢のもの。皮肉だな~)」を中心に、己の幸せとは何か、人生の成功とは何か、本気で考えて歩んでいっているのが良い。脚本上不自然に都合の良いキャラクターが居ない(唯一いるとすれば、徳井義実演じるメーキャップアーティスト。でもああいうポジションのああいう性格の人、現実にもいるし)。自分も社会人として何年も働いてきて、失敗して死にたい瞬間も、この会社で働いていてよかったと思う瞬間も沢山あった。そういうのを思い出しながら見ている。
けれど、どうも視聴率がよくないらしい。
私の周りの働く女性陣もかなりの数見ているので(ちなみに私自身、こんなにちゃんと連続ドラマを見ているのは年単位で久しぶり)ビデオリサーチの数字だけを信じてほしくはないが、とりあえずなるべくリアルタイムで視聴しようと思っている。
視聴率の悪さは主演女優にも赤裸々に伝わっているようで、真木さんのツイッターでは毎回激しいPRがされており、ちょっと行き過ぎでは…と思いつつも、たまにアップされるドラマ関連の写真目当てに覗いていた。
そしたらある日、コミケのサークル参加申込みをした旨がツイートされていた。
元々彼女が熱心な漫画・アニメファンだと言うのは知っていたし、ドラマでもアドリブで「天才ですから」(スラムダンク/桜木花道の名言)と言っていたくらいだ。コミケに行くことはもとより(夏に一般参加していたみたい)、サークル参加することも、表現したいものがあるなら問題ないのでは、と思った。ちなみに私はコミケに一般/サークル参加の経験がある。
表現したい内容というのが写真集で、それもリクエストにのっとった形でやるらしい。それも、「SNSでリクエストされた絵をまとめたものを新刊にします」と言っているイラストレーターとかと大差ないし、問題はないように思えた。彼女自身に知名度があるのだから、コミケという会場を選ばなくても、人は来ただろうけど。
クラウドファンディング(CF)だって、禁止事項ではない。パトロンにお金だしてもらってコスROM出したりしてる人とか同人ゴロとかゼロなのかって言われたらそうとは言いきれない気がするし、CFで出した本をコミケに持っていくつもりの作家だっている。
唯一苦言を呈するのであれば、それはコミケへのサークル参加を「出店」と言っていたことと、ファンに会うことが主目的なのか、というポイント位なのだけど、コミケに参加する全てのサークルが出店と言っていないのかと言えば嘘になるし(「コミケ 出店」検索結果を見ても)、あの作家さんに会いたいという気持ちでコミケに来る人達もいる。結局正規の手段で申し込んでスペースを取得できたのならばそれだけの話だとも思う。あと真木さん以前彼女が大好きなRIZEのことRISEって誤字ってたし、そういう言い間違いが多い人なのかなあ~位に、寛容に見ていた。申込内容がふわっとしていたりコミケの理念に合っていなかったら落選するんだろうと。
けど、まあ、なんかものすごく叩かれた。
写真集の内容(自分で内容を決めない方針?)とかが一番癪に障ったのかな。コミケである必然性(これを真面目に語ると時間かかる)を感じなかったのかもしれない。あるいは、CF使うのもすごいとってつけたように見えたのかもしれない。
私はCFのあたりなんかバックに変な大人がいそうだな、という気持ち悪さは始めから感じていたので、SNSで見かける真木さんに批判的な意見に対しては静観していた。実際に真偽を確かめた訳ではないが、彼女一人で考えた行動には思えなかったのだ。全て取り下げた今となっては、その真相は分からないけれど。
参加を取りやめるといったときの彼女の謝罪文には、自分の気持ちを表現したい、という熱意を感じて、もしSNSコミケ申込みましたとか、CFしますとか言わなければ、普通に受かっていたのかもと思った。
そこで、一つの熱意が、周囲の言葉で消されてしまったのだと感じた。
誰かが「もうこっちの世界にはこないでね^^」と呟いていて、それが何より怖かった。

私自身は真木さん自身の見た目も、性格も、人柄(知らん)も、好きでも嫌いでもない。ドラマのキャラクターが当たり役だなと思った位で、RIZE好きなんだ~じゃああっくん(金子ノブアキ)と共演できてよかったね!とか、本当にその位の思いしかなかった。
色々、彼女の中で自分がどうやって活動していきたいのか、葛藤していた部分もあったのではないだろうか。昔出演していたドラマの番宣で、極力喋らないようにしていた彼女を見て、敢えてキャラ作りをさせられているのでは?と言っていた友人を思い出す。本来は、体育会系でビール飲んでひゃっほーい、な人なのかもしれない。本当のことは私には解らない。

私がもし興味のある分野に一度参加しようと思って、でもうっかりマナー違反のようなことをしてしまった時に、常連から「もう来ないでね」と言われたら、それは物凄くつらいことだと思った。
謝罪と、学ぶ時間と、リトライの機会をくれ。それらを許可する時に常連の靴を舐めさせるような、意味のないイジメはやめてくれ。

7/22 cat fish label presents [AFTER BALLET]

2017/7/22(Sat.)
cat fish label presents [AFTER BALLET] @Shibuya CLUB QUATTRO
SPARTA LOCALS / 夜の本気ダンス / imai(group_inou) / 山内総一郎(フジファブリック)
 
思い出話。
10代の終わりに、スパルタローカルズの1stと2ndアルバムをよく聞いていた。
たしかCDTVでテーマ曲になっていてそれで知って、勢いでシングルとアルバムを購入したんだと思う。引っ越す度にCDを随分処分していたけど、彼らのCDだけは未だに手元にある。毎年、夏の夜更けに聞きたくなる。
昔から萩原朔太郎室生犀星などをよく読む学生だったので、歌詞の生々しいようで寓話的な暗さだったり、唐突にあらわれる暴力性、あるいは光(のような救済のような感情)だったりが、尖ったギターの音のセンスともの凄くはまってて、好きだった。
当時はヘッドホンで彼らの曲を聴いていた。1人で浸る方が好きで、彼らの曲を生で聞くことに興味がなかったのだ。
が、いつの間にか解散してしまっていた。3rdアルバム以降なんとなくそんな気もしていたから、解散と聞いて妙に納得したのを覚えている。
彼らの解散の少し前位から、私は先輩に誘われてアナログフィッシュフジファブリックのライブに連れて行ってもらい、ライブ楽しい!となっていた。今や1人でも終業後ライブにさくっと行く人間になっている。
そんな私が今一番よくライブに行っているバンドが、夜の本気ダンスである。夜ダン公式からは「彼らが敬愛してやまないスパルタローカルズとの対バン」とあり、「いや、米田君(ボーカル)が好きそうなのわかるけど敬愛までは知らなかったよ」と思わずつっこんだ。で、気づいたらチケットを申し込んでいた。
当日は1人で、踊りやすい壁側にいた。めっちゃ楽しかった!
 


■1st:夜の本気ダンス
(あとで知ったけど、夜ダン、前にラジオでスパルタローカルズの曲を流していたらしい。)
案外夜ダンT着てる人が多かった。アウェー気味かなあと思っていたのだけど、そんなことはなかったね。
TAKE MY HAND、このあいだのワンマンで聞いた時よりしっかり聞けてアガった。曲調、大人になってる感じがある(アニメタイアップだった前の曲が個人的にアニメ意識しすぎててノリきれなかったので、この新曲は嬉しいのだ、とても)。Where?が走り気味だったけどたまにはいいか、鈴鹿君もテンションあがってたんだろう。いわく(MCで言ってた)、銀杏しか聞いてなかった鈴鹿君と洋楽しか聞いていなかった米田君、唯一共通して好きだった邦楽バンドがスパルタローカルズだったとのこと。解る気がするよ。
しかし西田君が加入してからどんどんつなぎが上手になっているなと感じる。本気ダンスタイムのJapanese styleからb!tchの流れとても踊れた。
MCでドラム鈴鹿君が散々スパルタローカルズへの愛を叫んだ後の、米田君の「僕の方が(スパルタローカルズ)好きですけどね」とさらりという感じがとても良かった。好きだよそういうところ。



■2nd:imai(group_inou)
ソロになって初めて聞いた。group_inouの時も2曲くらいしか聞いたことがなかったけど、ソロ、すごくいいね。時間が短く感じた(実際短めだったけど)。
夏の夜の海辺で星が綺麗な感じの曲。宇宙みたいなビート、聞いてて気持ちよく踊れた。新曲かな?
MCは前半だけだったけど、バスが1本すっとばして来たんじゃないかって時の混み具合、よく解るし殺気がやばいよね。日本人の静かな殺気ほんと怖い。


■3rd:山内総一郎(フジファブリック)
こちらもソロは初めて。トーキョウバレリーナをやってくれた!FLyや今夜もブギー・バックまでやってくれて、会場大盛り上がり。
虹も若者のすべても、アコースティックバージョンもいいね。山内さんは観客を仲間につけるのがとても上手いなあと思った。良い意味でね。気持ちよく同じテンションにしてくれるというか。手拍子に好意的なのは、手拍子のリズムがあんま狂わない素晴らしいオーディエンスが多いからなのかしらん、と思ったりした。
終わった後、近くにいた女性が「私、虹大好きで」って言ってたその声が印象的だった。
 脇にフジファブリックの他メンバーがいると知って笑ってしまったんだけど、彼のソロではよくあることなのだそうだ(教えてもらった)。すごいな。


■Main:スパルタローカルズ
MCはアンコールまでほとんど無し。
バイオレンスサマーから始まって、しょっぱなから殺されるのかと思った。
黄金WAVEやギャラクシー空港、ピースにPOGO、と、私の孤独の友を次から次へと攻撃的なまでに熱く演奏してくれて、ちょっと訳がわからなくなった。山内総一郎氏が「スパルタローカルズはコールアンドレスポンス多いじゃん」と言ってて、(そうなんだー、意外)と思ってたけど、いや、コールしちゃうね。歌詞なんて何年も見てないのに自然と口をついてでる。衝動だ。すごい。
フロアの中央はぎゅうぎゅうで、誰も彼も手を挙げて唸りを上げて、それを煽るベースも、冷たく斬るようなギターのサウンドも私はたまらなく好きです。
なんとなく、解散前ではなくて今の彼らでスパルタローカルズを聞けたのが、私にとっては良かったなと思った。今ならまたスパルタローカルズの曲をできると思った、と語る彼らのインタビューを思い出して、しみじみ頷く。
彼らと同じように歳を重ねたフロアを見渡して、「明日は筋肉痛だね」と嬉しそうに呟いた安部コウセイ氏の表情、ずるいね。

セットリスト(ツイッターにあがってたの):
バイオレンスサマー
ロックとハニー
黄金WAVE
UFOバンザイ
ギャラクシー空港
ほたる
THE CLUB
名無しの犬公
GET UP!
ピース
POGO
(EN)FLy
(EN)トーキョウバレリーナ